Luka Yasukawa Design LUKA YASUKAWA DESIGN | 安川流加 - furniture design

A furniture design studio in Tokyo.
We design a variety of furniture - public facilities,
residences, exhibition spaces and products,
focusing on the relationship with spaces.

A furniture design studio in Tokyo.
We design a variety of furniture - public
facilities, residences, exhibition spaces
and products, focusing on the relationship
with spaces.


  【 IN PROGRESS 】 

民家改修_宇都宮, 福祉施設_仙台, 防災センター_新潟, 複合施設_東京, 地域交流センター_愛知, 美術館( 協働:藤森泰司アトリエ )_台湾, 図書館_神戸, 宿泊施設_高知                                          民家改修_宇都宮, 福祉施設_仙台, 防災センター_新潟, 複合施設_東京, 地域交流センター_愛知, 美術館( 協働:藤森泰司アトリエ )_台湾, 図書館_神戸, 宿泊施設_高知                                          民家改修_宇都宮, 福祉施設_仙台, 防災センター_新潟, 複合施設_東京, 地域交流センター_愛知, 美術館( 協働:藤森泰司アトリエ )_台湾, 図書館_神戸, 宿泊施設_高知                                          

【 IN PROGRESS 】

民家改修_宇都宮, 福祉施設_仙台, 防災センター_新潟, 複合施設_東京, 地域交流センター_愛知, 美術館( 協働:藤森泰司アトリエ )_台湾, 図書館_神戸, 宿泊施設_高知                                        民家改修_宇都宮, 福祉施設_仙台, 防災センター_新潟, 複合施設_東京, 地域交流センター_愛知, 美術館( 協働:藤森泰司アトリエ )_台湾, 図書館_神戸, 宿泊施設_高知                                        民家改修_宇都宮, 福祉施設_仙台, 防災センター_新潟, 複合施設_東京, 地域交流センター_愛知, 美術館( 協働:藤森泰司アトリエ )_台湾, 図書館_神戸, 宿泊施設_高知                                        


- 台についての研究 -
日常において、台とされるものはどのようにして私たちの前に立ち現れ、振る舞い存在するのかに関心があります。
それは何かによって満たされる事を示唆させ、あらゆる事象を受け止めてくれる、ある種の許容値をもっています。
そこには座る,置くなどの「行為」、日常に寄り添う「時間」、時には「心の拠り所」なども含まれているのではないでしょうか。
Pedestal seriesは"台"についての自身の思考を具現化した、メモのような家具群です。
一部の家具は都内の家具製作工場と連携した受注生産が可能となっています。
- 台についての研究 -
日常において、台とされるものはどのようにして私たちの前に立ち現れ、振る舞い存在するのかに関心があります。それは何かによって満たされる事を示唆させ、あらゆる事象を受け止めてくれる、ある種の許容値をもっています。そこには座る,置くなどの「行為」、日常に寄り添う「時間」、時には「心の拠り所」なども含まれているのではないでしょうか。Pedestal seriesは"台"についての自身の思考を具現化した、メモのような家具群です。一部の家具は都内の家具製作工場と連携した受注生産が可能となっています。

pedestal06

2023

Pedestal.06

pedestal08

2022

Pedestal.08

pedestal07

2022

Pedestal.07

pedestal05

2022

Pedestal.05

pedestal04

2021

Pedestal.04

pedestal02

2021

Pedestal.02

pedestal01

2020

Pedestal.01